スイミングでナイスボディ

スポーツジムでもよく見かけますが、スイミングをしている人は、バランスの良い体をしているでしょう。丸で筋トレでもしているかのような体になっていきます。これは、泳ぐということが、全身の筋肉を刺激することにつながるからで、筋肉の繊維をどんどんと太くしていくことができるため、体つきにも変化が出るといえるでしょう。ただし、これにはコツが必要になることも忘れてはいけません。

スポーツジムにいるトレーナーに聞くのが一番ですが、体の使い方次第で効果が変わるからです。体の筋肉を活用し、推進力にすることができれば、速く泳ぐ以上の効果を得られるようになります。負荷をあげるということが水中では難しくなるためですが、少しでも指導を受けてやり方を覚えれば、筋肉量は全身でみるみると増えていいきます。それだけの力が体にはかかっているということです。

スイミングの場合、インナーマッスルに対する影響の強さも重要となってきます。基本的に見た目だけの筋肉だけではなく、体の奥にある筋肉も活用しなければ力強くは泳げません。テクニック次第でさまざまな筋肉を同時に刺激していくことができるのですから、ナチュラルな体を作るのにはスイミングがぴったりとなるでしょう。